» 2014 » 12月のブログ記事

未来の車

| ブログ |

まだ私が子供の頃に見たテレビでは、「2012年には空飛ぶ車が発売される」と紹介されているのを見たのですが、
残念ながら未だに発売はされていないようですね。
子供の頃は、自分が大人になったら車の概念が随分変わっているのかと想像したものですが、
今の車は20年前と比べても、それほど変わっていないような気もします。

でも少し前から電気自動車が普及して来ていたり、最近発売された車は、駐車時などのバックが完璧に見えるようになっていたり、
クーラーや音楽の操作盤がタッチパネル式になっていたりと、少しずつ進化しているみたいです。

そして先日、クモの糸を人工的に作る事に成功したと言うニュースがありました。
今後、幅広い分野に影響すると予想され、それは車業界に対しても例外ではないようです。

クモの糸は鋼鉄の四倍の強度を誇ると言われていますが、この人工のクモの糸によって
伸縮性や、衝撃を吸収できる車の車体を作る事が出来るようになったら、
人や物にぶつかっても安全な車が作れるようになるというのです。

空飛ぶ車もいいですが、今よりもっと安全な車が出来るようになってほしいですね。
technotweaks.org

10年前、託児所もある教習所に2歳の娘を連れて通った教習所。
そこで私はマニュアル車の教習を受けていました。
車好きの主人はオートマの運転よりマニュアルの方が楽しいとマニュアル車を購入したため、私もマニュアルの免許を取らなければならなかったのです。

娘は託児所が楽しいようで、私の教習所通いを喜んでいるようでした。
私も久しぶりの学生生活みたいな感じで教習を受けていて、たとえクランクや車庫入れでリトライされても楽しかったです。

苦労もありましたが何とか念願のマニュアルの免許を取ったのも束の間。
カード入れごと免許を落としてしまい、再発行までしばらく運転はお預け状態。
娘の風邪やら親戚のご不幸やら何やらで、なかなか再発行に行けず、せっかく再発行したのに今度は私が左腕を骨折したため片手で運転なんて怖くてできないので結局教習所で運転してから半年経って、やっと運転の機会ができました。

でも、その頃にはすっかり半クラッチとか感覚がわからなくなっていたんです。
うちはちょっと急に盛り上がった道を上ったところなので、そこで信号で止まっちゃうと坂道発進しなくてはいけません。
半年前には出来たかもしれませんが今はもうそんなことできる自信がありません。
まして、私の運転する車に子どもを乗せて道連れにするなんて、考えただけでも恐ろしいです。

そういうわけで、車好きの夫には申し訳ないのですが、これまでの車の買い替え時にオートマ車に乗りかえてもらいました。
しかも車両感覚もわからなくなってしまったので、軽乗用車です。
軽のオートマ最高です。やっと私も快適なカーライフを送れるようになりました。エルグランド 買取査定額